ホーム 英語の本質

英語の本質

Will と Be going to の違い

Will と Be going to の違い

こんにちはEnglish Coaching Biz 代表の山根裕二です。 今日は「Will と Be going to の違い」について解説していきたます。 英語はイメージとニュアンスでOK 日本ではWill と Be going toは未来形と習います。 細かく言うと、 未来形 = 意思、意図、予定、推量、予測、見通し などがあり。 Willの場合は、意思だよBe going to の場合は、予測だよ とか この場合は、これその場合は、あれとか ケースバイケースで習います。かなりややこしいですょね...

続きを読む
MustとHave toの違い

MustとHave toの違い

こんにちはEnglish Coaching Biz 代表の山根裕二です。 今日は【MustとHave toの違い】についてお話をさせていただきます。 皆様、MustとHave toの違いはご存知でしょうか? 日本では、MustとHave toよりも強制力が強いので使う時に気をつけたほうがいいよとか迷った時はHave toをつかった方が無難とか そう言うことを言われますが 今回私が説明する本質的な【MustとHave toの違い】がわかれば 一撃でその理由がわかるかと思います。 また、最後に「なぜHave...

続きを読む
Mustの本質

Mustの本質

おはようございます。English Coaching Biz 代表の山根裕二です。 今日は本質英語【Mustの本質】についてお話をさせていただきます。 【Must = しなければならない】はNG 【Must = しなければならない】という風に覚えている人は沢山いると思いますがそれはNGです。 You must be tired.疲れているに違いない You mustn't tell anyone about this!誰にも言ってはいけないよ 「しなければならない」だけではMust は語れません。 99%の日本人は、Must は...

続きを読む
【CAN=できる】はNG

【CAN=できる】はNG

おはようございます。English Coaching Biz 代表の山根裕二です。今日は英語本質【Can=できる】はNGという話をさせていただきます。 99%の日本人は枝葉だけ教えられる 日本ではCANをこのように習います。 能力的に 「~~できる」外部要因による行為の可否性事情が許せば「~~できる」許可「~~しても良い」依頼「~~してくれませんか?」申し出「~~しましょうか」命令「~~しなさい」理論上経験上「~~することもある」否定文で「~~のはずがない」 これ全部忘れてください!...

続きを読む
【Will=だろう】はNG

【Will=だろう】はNG

99%の日本人は、Will は下記のように習います。 意思、推量、現象、習慣、拒絶 漢字が5つも、さまざまな意味だしイメージしづらいですよね、、 本質ではなく枝葉を教えられているので5つも意味を知らないといけなくなります。 また、 私もそうでしたがなんとなく、【Will=だろう】とインプットしている人が沢山いますが、それはNG 例えば、This plane will arrive in Sydney.  この飛行機は、シドニーに到着するだろう、、...

続きを読む
現在完了形の本質

現在完了形の本質

99%日本人は、 現在完了形 = 継続、完了、結果、経験 っと習います。 漢字のオンパレードだし 4つも意味があるのか、、 っとややこしく感じてしまいますよね。 では、 ネイティブの子供が、 この意味を意識して 会話していると思いますか? そんなはずがありません、、、 ネイティブは、 ニュアンスやイメージで 喋っているだけです。 つまり、 本質を知っているだけなのです。 継続、完了、結果、経験は、 本質ではなく 本質から生まれた枝葉なのです。 本質をつかめば、 一撃で理解できます。 枝葉など覚える必要がありません。 今日は、...

続きを読む
現在進行形の本質

現在進行形の本質

英語は本質から学びましょう 99%の日本人は本質な根本ではなく、根本から枝分かれした枝葉部分を学んでいます。だから 例外が多く存在し、挫折する人が多い。 例えば、今回紹介させて頂く「現在進行形(ing形)」も同じように本質さえ理解できれば、一撃で現在形のこと全てを理解できるようになります。 99%の日本人が学ぶ、現在進行形(ing形) 一般的な日本人は下記の様に現在進行形を学びます。 現在形進行形 =「~している」例外1:近い未来の事を使うときもある例外2:現在形との違いは、今~しているかどうか...

続きを読む
現在形の本質

現在形の本質

英語は本質から学びましょう 99%の日本人は本質な根本ではなく、 根本から枝分かれした枝葉部分を学んでいます。 だから 例外が多く存在し、 挫折する人が多い。 例えば、今回紹介させて頂く「現在形」も同じように 本質さえ理解できれば、 一撃で現在形のこと全てを 理解できるようになります。 99%の日本人が学ぶ、現在形のルール4つ 日本人が学ぶ現在形の文法は下記の4つになると思います。 1.現在形は現在の事 2.現在形は未来でも使える時がある 3.普遍の真理は現在形で表す 4.習慣は現在形で表す なんかややこしいですよね、、、、...

続きを読む
itとoneの違い

itとoneの違い

ItとOneの違いをご存知ですか? この違いをわかってないと、英語は通じるけど明確に伝わりません。 例えば、 「ペン探してるんだけど、一本ある?(一本貸して?)」って聞く時に、I’m looking for my pen. Do you have it? って it で聞くと、「あなたペン盗んだよね?」って相手を疑ってるニュアンスになります。 また、「リンゴ食べてるけど、食べたい?」What are you eating? An apple, Do you want...

続きを読む
The = その がNGな理由

The = その がNGな理由

今回は、「The」の本質を紹介していきたいと思います。 日本人は空気を読むのがうまかったり、 行間を読み取る能力が高いので、 曖昧な表現でも問題なく伝わりますが、、 英語は、きっちり言わないとはっきり伝わりません。 昔よくTheを付けすぎて 「Theってどの Theよ?」って しかめっ面でよく聞き直されてました。 The の本質を押さえてなかったんです。 あなたは、The の本質をご存知ですか? 英語文法は本質で覚えると、一撃で頭に入ってきます。 日本では、The は「その」だったり、...

続きを読む