オンライン英語コーチング
ホーム 英語の本質 数えられるvs数えれない

数えられるvs数えれない

執筆者 | 2021年6月10日 | 英語の本質

日本人が英語で一番苦手とする文法に「a/an/~s」がありますが、私の周りの日本人で「a/an/~s」をうまく使えている人はかなり少ないと思います。

多くの日本人は、別になくてもだいたい通じるっと思っている方が多いようで、皆さん漠然と適当につかっているので 相手にはっきり伝わっていないことが多いようです。

なぜ、日本人は「a/an/~s」が苦手?

自論ですが、説明がややこしすぎると思います。

不定冠詞、定冠詞、唯一無二、最上級、形容詞、可算名詞、不可算名詞、、、

英語覚えているのに、あんまりピントしない漢字だらけ、、

しかも、例外が多すぎるんです。

例えば、日本では数えられる物の前にa/an/theをつけようって習いますが、school / class / university / work / church / hospital / sea / town / home / bed はa/an/theがつかない場合が多かったり、、
headache / cold / kind / long time ago / fever は数えられないのに、a がついたりします。

日本の英語文法には例外が多すぎるんですよ、

今日は、「a/an/~s」の本質を紹介していきたいと思います。

英語は、文字で学ぶより、イメージやニュアンスで覚えるほうが本質に近づけます。

本質さえわかれば、一撃で理解できます。

数えられる名詞 vs 数えれない名詞

数えられる名詞と数えれる名詞の違いを単刀直入に言いますと、、、

数えられる名詞 = 具体的なイメージがある = a/an/~sがつく
数えられない名詞 = 具体的なイメージがない = 何もつかない

これだけです。 これが本質なんです。

もっと簡単に言うと

ぼやっていいたい時はa/an/~sをつけない
はっきりいいたい時はa/an/~sをつける

というニュアンスなんです。

ただそれだけなんです。

もう少し深堀りすると、
頭の中で具体的なイメージがあるかどうかなんです。

例えば、information / water / data / gas / wine / happiness / time って具体的にイメージできないですよね? だから数えられないんで、a/an/the/sをつけて話すと えっ何言ってるんですか?ってなるんです。

数えられそうで数えない物

beef / cheese / ice などは具体的なイメージできそうですが、それは切ってある姿をイメージしているだけなので、a piece of (beef / cheese) をイメージしてますし、ice も a scoop of ice をイメージしているだけで、beef / cheese / ice 自体は数えられないんですね。 これは、a bottle of (water / wine ) も一緒です。
furniture / money / baggage も一見数えれそうですが、これらは総称なので数えません、、、
例えば、お金一つっていいませんよね? 紙幣や貨幣は数えられるけど、、
bag は数えられるけど、baggageは総称 家具も総称なんです。

注意: 目的と量は数えられない

注意すべきのは、目的と量は数えられないんです。

目的である school / class /  work / church / table / bus / sea は日本語では数えられるのに、英語では目的として使われる時は数えられません

例えば、
I go to school  学校に勉強しに行く
I go to church  協会に祈りに行く
I go there by bus  バスに乗って行く
Be quiet at table 食事中は静かに

量も数えられません

例えば、an apple と apples はイメージ出来ますが、apple は量を表します。量というのは、アップルジュースだったりサラダの中のリンゴの果肉だったりします。また、a chicken だと鶏一羽ですが、chickenだと鶏肉っていう量になるんです。

さて長々と説明してきましたがまとめると

数えられる名詞 = 具体的なイメージがある = a/an/~sがつく
数えられない名詞 = 具体的なイメージがない = 何もつかない
量と目的は数えない

ということでした。

本質さえわかれば、ネイティブにぐっと近づけます。
もっと明確に英語がわかるようになります。

日本人の知らない ”目からウロコ” な本質を定期的に紹介していきます。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

感謝✌

#冠詞 #英語学習 #英語 #英語勉強 #文法 英語コーチ #英語コーチング

フォローはこちらから↓ SNSで海外生活の様子を紹介してます。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCEc3ARJ7-viDMmD175Dhs5Q
フェイスブック: https://www.facebook.com/EnglishCoachingBiz
English Coaching Bizサイト: https://www.EnglishCoaching.Biz
インスタ: https://www.instagram.com/AussieYuji
ツイッター: https://twitter.com/AussieYuji
ノート: https://note.com/yujiyamane
クラブハウス: @yujiyamane