オンライン英語コーチング
ホーム 会社案内 代表の紹介

代表の紹介

執筆者 | 2021年7月19日 | 会社案内

こんにちは
English Coaching Bizの山根裕二です。
今日は自己紹介をYouTubeで公開しました↓↓

https://youtu.be/0Pic_r8_63Q

私の名前は山根裕二です。
出身は福岡県です。
今住んでるところはオーストラリアのシドニーです。

未来のビジョン

私の思い描く未来の姿は

随時、千人以上の生徒数を抱える
オンライン英語コーチングスクールを世界で展開し
英語を上達したい人たちに貢献したい

と考えています。

家族構成

家族構成ですが
日本人の妻がいて7歳の娘がいます。

本業と副業

本業はオーストラリアの厚生労働省的なところで
ITディベロッパーとして働いています。
副業はこのEnglish Coaching Bizを主にやっていますが
たまに友人や知り合いのビジネスの手伝いをして
お小遣いをもらったりしています。

趣味

趣味はサーフィンと
サッカーを没頭してやっています。
その他に速読だったり、朝散歩だったり
健康オタクだったり、心理学オタクだったり、習慣オタクだったりします。

習慣オタク

習慣に関しては、結構厳しめな習慣を毎日やっています。
例えば、
ショートスリーブだったり
半日断食だったり
朝活で勉強をしたり
夜活で勉強をしたりしています。

画像1

ワーキングホリデー時代

今までの私の人生のストーリーを簡単に説明いたします。
日本で高校を卒業して
19の時にワーキングホリデーで
オーストラリアのシドニーに来ました。
ワーキングホリデーは、
基本は、バイトしたり
遊んだりしてましたが
ローカルの小学校で
日本語の先生をやったり
インド人の親友と一緒に住んで
英語を教わりながら生活していました。
バイトは主に皿洗いをしていました。

フランス人とつるんでた専門学校時代

色々ありながらも専門学校を経て
大学に入学することができました。
その頃は、自分が借りた家に僕以外全部フランス人がいたり
フランス人の親友と、
同部屋でつー年一緒に暮らしたりしながら
英語を磨いていました。

大学生と起業の2刀流

大学を行っている時は、
僕が専門学校の時にお世話になった先生が
ITで起業することになり
台湾人と香港人を中心とする会社だったんですが

日本人マーケットを取り締まるマネージャーとして働かないか

っというオファーを受け入れて
2~3年大学で勉強しながらそのITの会社で働きました。

永住権取得後ノマド生活

大学卒業後、永住権を獲得してwebデザイナーになり
シドニーだけでなく韓国に住みながら働いたり
日本に住みながら働いたりしていました。
完全なノマド生活でした。

結婚とローカル会社に転職

シドニーに戻ってきてから今の奥様と結婚し
ローカルの大手レンタルオフィス会社に就職しそこで3年働きました。
その後、木こりの会社に転職して、そこで3年働きました。
その後、州の厚生労働省に転職をして、今は6年目になります。
今は、年間に5~10つのITプロジェクトを回しています。

画像3

なぜ英語コーチングビジネス?

何故私が英語コーチングビジネスをやっているのか?
っていう経緯を話させて頂きます。
私は、根っからのコーチオタクなんです。
今まで、私の人生で3つコーチングに関する出来事がありました。

1.サッカーコーチでコーチングの良さを知る

一つは、高校生の時にサッカーコーチをやっていたんですけども
小学生低学年にサッカーを教えていたんです。
6才から10才くらいです、その時の経験がすごい良かったんです。

どんどん変わっていってくれる

私が考える練習方法とかを子供達がやって
みるみる上達していく
で使う言葉やる練習内容とかによって
どんどん変わっていくんですね、子供達が、、、

賢い子をキャプテンにしたらすごく強くなった

その生徒の中に一人だけずば抜けて
賢くてコミュニケーション能力がある
大人みたいな子がいたんです。

その子にキャプテンを任せて
チームをまとめてもらったんです。

私が本来なら、やるべきことを
彼に、結構負担してやってもらったんですけども
それが、よかったんでしょうかね、、

彼は生き生き目を輝かして
リーダーシップを取って
チームをまとめてくれたし
で、私は彼のサポート役という感じで
彼にすべてを任せしたら
チームがすごくチームが強くなったんです

結構、負けずにどんどん大会とかでも
結果を残しましたね。

そのチームはかなり良いところまで進んで
15人ぐらい生徒がいたんですけども
その中の10人ぐらいが選抜に選ばれた

っていう話は後から聞きました。

怒るっよりも褒めた

その時、注意してたのは

長所を伸ばして行こう

と思ってたんです。

だから、怒るって言うよりも褒めて

基本は生徒達がもっとサッカーを好きになるようなやり方をやっていたんです。
それがよかったんじゃないかなって思いますね

2.塾の講師で軌跡が起きる

もう一つコーチングに関する出来事としては
3ヶ月日本に一時帰国した時に
塾の講師をやらしてもらったんです。
最初は英語を教えてくれ
って言うことで入ったんですけども
やってるうちに
国語も教えてくれ
社会も教えてくれ
結局、全部教えてくれ
ってなったんです。

ただ私は基本国語とかは苦手だったので
たまに生徒が聞いてくる質問の答えがわかんないです。
なので私の口癖は、

「わかんないこと聞かれたら、よし先生もわかんないから、その答えを、探して先生に教えてくれ」

って言うと、、
生徒は目を輝かして
辞書を開いたり
本を見たりして
その答えを私に教えてくれてたんです。

よくよく考えたらそっちの方が
生徒は覚えるんですよ

私が答えをバッていうよりも
答えを敢えて言わずに
答えを探させる方法が
結局は良かったみたいなんです。

どうしようもない八木君が覚醒

その塾にどうしようもない生徒が一人いたんです。
八木君って言ったかな? 成績もクラスで一番下だし
まぁやる気もない感じだったんです
私は八木君に注目して、八木君を鍛え直そうっと
八木君の事ばっかり絡んでました。

毎日

「いいね👍」
「いいね👍」
「いいね👍」
ちょっと正解したら「いいね👍」
「良くなってきたじゃん」

褒めるのを中心に
八木君に絡んでたら
みるみる八木くんも成長し
3ヶ月で、一番成績悪かったのに
平均以上ぐらいに成績は上がってました。

私は思ったんですよ、

なるほど、人に何かを教えるのは何か答えを教えるのではなく
その人にその教えてる事を好きになってもらうっていうこと
が一番の「教える」っていうこと

なんだなって
その気づきは
とても重要な体験でした。

3.プロジェクト管理でみんながハッピーになる

もう一つコーチングに関する出来事としては
今は政府系のところで
働かせてもらってるんですけども
そこで基本はITのソフトウェア開発をやってるんですが

たまにプロジェクト管理も
させてもらうことがあるんです。

プロジェクト管理は
IT会社大手では主流のスクラム開発方式という
アジャイルと言われているやり方なんですけども

スクラムを簡単に言うと

いかに開発者や
ステークホルダー(クライアント)等
プロジェクトに関わる全ての人が
ハッピーになるかっていうやり方

なんです。

そのスクラムの面白いところが

いかにみんなに主体性を持たせて率先して仕事をやらせるか

っていう要素が含まれてるんです。
そうすることによって
みんな積極的にプロジェクトに参加するので
プロジェクトの生産性が上がるということです。

私もプロジェクト管理をスクラムでやるようになって
今までそこまで積極的じゃない開発者とかが積極的になったりするんです。
っでみんな目をキラキラ輝かせて働いて
お客様であるステークホルダーの人たちも
ハッピーになるっていうwin-winな状況がそこにできるわけです。

私はこのスクラムマスターっていう

スクラムを操る、要するに、プロジェクト管理する人を
もうかれこれ5年ぐらいやってるんですけども

このスクラムを英語学習と掛け合わせたら
面白いんじゃないかなっていうのは前から思っていました。

画像3

私は英語オタクだしコーチングオタク

自分の過去のストーリーでも少し話しましたけど
私はオーストラリアに来て
23年間英語を勉強してきました。
今も勉強をし続けています。

バイリンガルになるために
いろんな試練を乗り越えて今までやってきて
今は自分で

私はバイリンガルだな

って言えるようになりました。

このように、

英語オタクとコーチングオタクを掛け合わせて
英語コーチングをやろうという気になったんです。

仮説検証で確信した「いきがい」

ここ一年程、密かに
仮説検証を10人ぐらいやってきました。
そこで気付いたのは

これは私の天職だな

これは私の「生きがい」だ

と思いました。

私の好きな英語と
私の好きなコーチングをやっているだけで
誰かのお手伝いが出来る
そして、感謝される

こんなに面白い仕事は、他には無いな

と思いました。

もっともっとこのビジネスをスケールアップして他者貢献がしたい

なと思うようになりました。

他社貢献し自他共栄したい

自分が没頭して磨き上げてきた

英語とコーチングをメゾットにして
もっともっと他者貢献をして
自他共栄をしていきたいと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

誰かの参考になれば幸いです。

感謝✌

フェイスブック: https://www.facebook.com/EnglishCoachingBiz
EnglishCoaching.Biz公式: https://www.EnglishCoaching.Biz
インスタ: https://www.instagram.com/AussieYuji
ツイッター: https://twitter.com/AussieYuji
ノート: https://note.com/yujiyamane
クラブハウス: @yujiyamane

#英語トレーナー #英語学習 #英語コーチ #英語コーチング #オンライン英会話 #個人別英語コーチング #英語コーチング比較 #安い英語コーチング

フォローはこちらから↓ SNSで海外生活の様子を紹介してます。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCEc3ARJ7-viDMmD175Dhs5Q
フェイスブック: https://www.facebook.com/EnglishCoachingBiz
English Coaching Bizサイト: https://www.EnglishCoaching.Biz
インスタ: https://www.instagram.com/AussieYuji
ツイッター: https://twitter.com/AussieYuji
ノート: https://note.com/yujiyamane
クラブハウス: @yujiyamane